貯水槽清掃

マンションやビルの多くには、貯水槽が設置されています。その理由は、各フロアへ安定的に水を供給するため。

貯水槽に貯められた水は、飲み水や生活水として活用されるため、常に清潔で安全な状態を保たなければなりません。
そのため、貯水槽が10立方メートルを超える場合には、年に一度以上の点検・清掃の実施が法で義務付けられています。

当社は、貯水槽の清掃にも対応可能。定水位弁や通気管電極棒の点検も実施しております。
入居者様・利用者様の安全を確保するために、点検や清掃は定期的にご依頼ください。

■ 貯水槽の清掃を怠らないでください!

貯水槽は密閉されていないため、サビや藻が発生する可能性もあります。
過去に、以下のような水質事故がありました。

・サビや泥、藻の発生
・ネズミ、ゴキブリなどの害虫侵入
・小動物(犬、猫)の死骸混入
・細菌の大量発生

読むだけでも恐ろしい気持ちになるようなことが起こっています。
住まわれている方の安全を守るためにも、点検や清掃はこまめにご依頼ください。

■ 貯水槽清掃の事例

【1】告知

清掃作業の実施について、事前の告知が必要です。
※3時間~6時間ほど水道を使えなくなります。

【2】排水・準備

タンク内に残った残水をポンプで外部に排水します。
その間に機材や道具の準備をします。

【3】水槽内清掃

水槽の中に入り、清掃を始めます。
時間を少し置いてから細かな箇所までブラッシングを実施。
その後仕上げに洗い流します。
お客様の安心のため、隅々まできれいに磨き、丁寧にゆっくり洗浄します。

【4】消毒・給水・水質検査

最後にタンク内を塩素消毒します。
水を入れて一定の時間を置いてから、残留塩素の測定や水質検査を実施。
ただし水質検査はその場ではできませんので、持ち帰ってすぐに検査所に提出します。
飲料水なので、きっちりと水質検査を行い、問題が無ければ作業完了となります。

一覧ページに戻る